【カテゴリ】
保湿剤(14)      石鹸(12)      爪やすり(2)      その他(22)      関連書籍(32)      アトピー完治・治療情報(9)      (0)      我が家の場合より(10)      日記(7)     

※ 日記は家族の症状に変化がありましたら随時更新します。

― はじめに ―

 自分が使ってみてよかったもの、家族が使って気に入ったもの、使ってみて実際に効果があったものを中心にご紹介しております。
 またちょっとこれはどうかな?と思ったものについても、できるだけ具体的に説明しています。また、これから使ってみたいもの、子供が小さいときにあればよかったのに・・・と思ったものなども随時ご紹介していきます。

 簡単なお話、特にお子さまのアトピー対策のためのグッズの使い方などでお困りでしたら、ご相談下さい。お力になれるかもしれません。日記のコメント欄をご利用下さい。


発想の転換

かきむしった傷や湿疹と格闘の毎日。
この湿疹がなくなれば、きれいになる。
このかさぶたがなくなれば、きれいになる。

わかっていても、かゆいからかく。
傷のなおりかけのかさぶた、一番かゆいですよね。
周りの皮膚もつっぱってくるし。
半分はがれたかさぶたも、とても気になるし。
だから、また、かく・・・・の繰り返し。
ついでに余計なところまでかいて、湿疹が拡大。

少し発想を転換しませんか。

『傷や湿疹を治す、のではなく、きれいな皮膚の面積を広げる。』

傷ついている皮膚の治療も大事ですが、今きれいな皮膚を、ずっと綺麗な皮膚に保つことも大事です。
必ずどこかにあると思います。
自分に最適のスキンケア。

オイル系が合う方、オイルでも馬油・スクワラン・椿油・・オイルも種類や商品、メーカーによっても異なります。
オイルはべたつきが気になるからジェルタイプがいい方もいらっしゃるでしょう。
さっぱりしっとり軽めのローション系が自然で気持ちよく感じる方もいらっしゃるでしょう。

お子様がアトピーだったら、一度聞いてみてください。
「どれをどこにぬると気持ちいい?」小さくてもお話できる年齢でしたら、ちゃんと説明してくれますよ。

人がこれを勧めてくれたから。
あの有名人がこれでアトピーが治ったらしいから。
でも、その方法があなたにあうか、お子様にあうかどうかは、やってみなければわかりません。
沢山のアイテムの中から選択するのはとても大変なことです。
でも、1日も早くご自分にあった物・方法を見つけてください。

そのお手伝いが少しでもできれば、と考えています。
posted by ミネルヴァ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の場合より

お医者様の一言

「アトピーじゃ死んだりしないから、長くつきあうとおもって」

確かに、アトピーが直接の原因で亡くなった人はいないかもしれません。
でも。
自分自身を支えきれなくなったり、心が折れてしまうことがあるんです。

アトピー性皮膚炎について、理解のない人も大勢います。
「伝染するんじゃないの?」
「こんなになって・・・ちゃんと医者にはみせてるの?」
「まあ、小さいのにかわいそうに・・・」

うつりません。
一生懸命いいお医者様を探して、そして毎週のように長い時間、子供が周りに迷惑をかけないよう気を使いながら待合室で診察をまっています。
皮膚はボロボロだけど、こんなにかわいい我が子の、どこがかわいそうなんですか。

きっと、言った人は10分後には忘れてると思います。
だから、他人の言うことはあまり気にしないで下さい。
できるだけご自分にストレスをためないようにしてください。

でも。
でも、どうしてもつらくて、絶望してしまいそうなときは。
そんな方が、もし近くにいらっしゃったなら。
心療内科を受診を勧めてください。
かかりつけのお医者様なら、内科でも小児科でも、事情を話せば心療内科の先生を紹介してくれます。
そこから先は、心療内科の先生が必ず助けてくれます。

心が折れる前に。絶望の矛先が子供に向かってしまう前に。
posted by ミネルヴァ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の場合より
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。