【カテゴリ】
保湿剤(14)      石鹸(12)      爪やすり(2)      その他(22)      関連書籍(32)      アトピー完治・治療情報(9)      (0)      我が家の場合より(10)      日記(7)     

※ 日記は家族の症状に変化がありましたら随時更新します。

― はじめに ―

 自分が使ってみてよかったもの、家族が使って気に入ったもの、使ってみて実際に効果があったものを中心にご紹介しております。
 またちょっとこれはどうかな?と思ったものについても、できるだけ具体的に説明しています。また、これから使ってみたいもの、子供が小さいときにあればよかったのに・・・と思ったものなども随時ご紹介していきます。

 簡単なお話、特にお子さまのアトピー対策のためのグッズの使い方などでお困りでしたら、ご相談下さい。お力になれるかもしれません。日記のコメント欄をご利用下さい。


肌の弱い方のお掃除【重曹で暮らすナチュラル・ライフ】



ピーター キウロ, Peter A. Ciullo, 佐光 紀子   重曹で暮らすナチュラル・ライフ




フルーツのワックスおとし、家じゅうの油よごれのおそうじ、ドライクリーニング、にきび予防、虫さされ、歯みがき粉、そして、自由の女神の修復工事から、汚染された湖の回復まで…。いま世界でもっともナチュラル&エコロジーと注目を集める集曹の使いまわし術。



重曹関連の本は沢山ありますが、数ある本のなかでこれが一番参考になりました。
重曹は本当にオールマイティ。
掃除・洗濯・消臭・工作・料理・肌の手入れ・果ては口内炎にも・・・・ありとあらゆる使い方が掲載されています。


肌が弱いと粘膜も弱いらしく、子供はよく鼻血を出します。
しかも夜中大量に。

血液は本当に落ちにくくてやっかいです。
でも、重曹水につけてそのまま洗濯機で洗っても、ほとんど跡が残らないくらいに落ちます。
血液専用洗剤も必要なくなりました。

お掃除に重曹は便利です。優しい研磨剤でもありますから。消臭効果もありますし。

この本には、りんごのミイラの作り方や、重曹で鍾乳洞をつくる、という遊び心いっぱいの記事もあります。


是非せっけんと併せて使ってみてください。
そして、是非お子さまと一緒に楽しんでください。



詳細情報はこちらからご覧下さい≫
posted by ミネルヴァ at 17:29 | 関連書籍

せっけん初心者向け【きれいに暮らす簡単石けん生活】



赤星 たみこ   きれいに暮らす簡単石けん生活―洗濯物が真っ白、台所ぴかぴか…シンプル家事のすすめ




台所がたちまちピカピカ。あきらめていた黄ばみ、シミも真っ白になった。色落ちしたと思っていた洗濯物がキレイになった! など、著者みずから次々に試す石けん利用術を大公開。石鹸生活を楽しみましょう!



石鹸って、合成洗剤よりは身体にいいとわかっていても、いざ使ってみると不便・きれいにならない・匂う・・・と感じてやめた方も多いと思います。
私も昔、その一人でした。
衣類はだんだん薄汚れてくるようだし、溶かすのに手間もかかります。
でも、それは使い方が間違っていたから、白くならないし、手間もかかったのです。


適当でもいいんです。大丈夫なんです。
この本を読んで、ずいぶん気楽に気軽に石鹸とつきあえるようになりました。
マスターすれば、年に数回しか使わない○○専用洗剤も、もう必要ありません。
石鹸と重曹と酢(またはクエン酸)でお掃除がほとんど終わってしまうので、肌の弱い子供と一緒に掃除も楽しめます。
我が家では、トイレとお風呂掃除は息子の仕事になりました。
やっぱり、一番汚す人に掃除してもらわないと。


漂白剤も酸素系が大活躍。
特に子供のパンツ。おしっこで男の子も女の子もおまたの部分がどうしても黄ばんできてしまうのですが、そこへ塩素系漂白剤を使うのはためらわれます。以前娘はレンタル布オムツでお尻が真っ赤に腫れあがりました。
どうやら、塩素の残留分が刺激になったようです。

でも黄ばんだ下着は気になりす。

それも煮洗い、という方法で解決です。
黄ばんできたかな?とおもったらちょいと煮洗いするだけで、真っ白に。
どうしても落ちないとあきらめていた食べこぼしもOKでした。
もちろん、その方法も掲載されています。

白いものは真っ白に、白っぽくなった黒いシャツも黒が甦りました。

せっけんを使ってみたいけど、ちょっと・・・・と考えている方にお奨めです。




詳細情報はこちらからご覧下さい≫
posted by ミネルヴァ at 12:33 | 関連書籍

【池田さんの竹炭石鹸】食べられるほど優しい石鹸






国産馬油を100%ベースに海水から取った天然塩、さらに特殊製法で竹炭パウダーと竹酢液(岐阜県白川町:白竹の里産)を配合、さらに保存料・香料・着色料・発泡剤無添加の『窯焚き手作り無添加石鹸』です。
 

上質な竹酢液はタール分が少ないそうです。
一般に出回っているものは、原液を水で希釈している物が多いのですが、白竹の里の竹酢液は使用するまでに長期間保存しタール分を分離。原液でもとてもきれいな色です。

この竹酢液は地元白川町で大人気だそうで、生産がなかなか追いつかない状況のようです。


・・・肌の気持ちになって考える。
環境に配慮するとともに、”食べられる”ことにこだわります。
安全性、素材、製法にとことんこだわり、皆さんに安心して使っていただき末永く喜ばれる事。それだけを考えて作っている、石鹸です。


竹酢液は入浴剤代わりにもなるし、抗菌力が高いので肌にもよい、と以前勧められて購入したことがあります。
お試しなどなく、かなり大きめのボトルを無理して購入したのですが、開封したとたん強烈な悪臭(すみません)が・・・。
子供達は匂いも湯上りの状態もとても嫌がったので、結局捨ててしまいましたが、この石鹸はそんな私達親子でも大丈夫でした。

きっと、とても上質な竹酢液が使用されているからなんでしょうね。

にきび・吹き出物、ブツブツ、黒ずみにも効果があるようです。
竹炭の吸着力で汚れがしっかりとれてさっぱりします。でもさすが池田さんの石鹸、つっぱり感はありませんでした。

全ての原料にこだわっている池田さんの石鹸シリーズです。



詳細情報はこちらからご覧下さい≫
posted by ミネルヴァ at 16:48 | 石鹸

【さくら蜜石鹸】アトピーのお子さまをお持ちのお母様へ






トチノキの蜂蜜(福岡県小郡市:荒巻養蜂場産)と桜の蜂蜜(福岡県八女市:青木養蜂場産)、竹酢液、海水から取った天然塩を最適な分量で配合した保存料・香料・着色料完全無添加のさくら蜜石鹸をお試し下さい。

納得出来る石鹸を、量産品では不可能な無添加手作り製法(窯焚きけん化法枠練り法)で石鹸職人池田さんが1つ1つ心を込めて丁寧に作ります。


大好きな「池田さんのせっけん」です。
濃い蜂蜜色も気に入っています。
これは自分用に使っています。洗顔用にしています。
25gからありますが、ちょっと物足りないサイズです。
やっぱり、50g(通常の半分くらいの厚みになります)がいいかと思います。お値段もお手ごろです。

なかなか文章では伝えにくいのですが、洗い上がりが今までのせっけん洗顔とは違います。
私自信はアトピーではなく、ドライでもオイリーでもない普通肌ですが、洗顔後になにもつけなくてもつっぱったりひりひりしないので助かります。

なにもつけない肌なので、アトピーの子供と頬をくっつけて眠ったりできるのが嬉しいですね。
やっぱりどんな無添加化粧水でも、つけたあとで子供とほっぺをくっつけて眠るのは怖くてできませんでしたから。

もちろん、乾燥肌・敏感肌の方にも違いがわかっていただける石鹸だと思います。


詳細情報はこちらからご覧下さい≫
posted by ミネルヴァ at 16:48 | 石鹸

【爪やすり】ダイアモンドネイルファイル #1(仕上用)

【ボディケア(その他)】Diamancel(ディアマンセル) ダイアモンドネイルファイル #1(仕上用)【爪やすり】



ダイアモンドを吹き付けたネイルファイル。
しなりの良いグラファイト素材で素早く形を整える為、爪に負担を与えません。
丸洗いや消毒ができて大変衛生的です。
これなら、ご家族で共用していただいても大丈夫です。


こちらは弱い爪、仕上げ用です。
デザイン的には無骨ですが、通常の爪やすりでは力加減が難しい、と感じているお母様にはこちらのほうがよいかもしれません。

でも、くれぐれも削りすぎにはご注意を。
長い爪にはどんなによく手洗いしても黴菌・細菌が残りがち。
特に毎日粘土やお絵かき、砂あそびに興じているお子さまは、まだまだ一人できちんと手を洗うことも難しいと思います。

そんな爪で痒いところをひっかいたら・・・。わかっていただけると思います。

毎日のお手入れ、最初は面倒ですが慣れればちょっとテレビでも見ている間に終わらせることができるようになります。
掻き壊しを少しでも少なくするために、是非習慣にしてみてください。




【ダイアモンドネイルファイル】詳細情報はこちらからご覧下さい≫


posted by ミネルヴァ at 16:44 | 爪やすり
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。