【カテゴリ】
保湿剤(14)      石鹸(12)      爪やすり(2)      その他(22)      関連書籍(32)      アトピー完治・治療情報(9)      (0)      我が家の場合より(10)      日記(7)     

※ 日記は家族の症状に変化がありましたら随時更新します。

― はじめに ―

 自分が使ってみてよかったもの、家族が使って気に入ったもの、使ってみて実際に効果があったものを中心にご紹介しております。
 またちょっとこれはどうかな?と思ったものについても、できるだけ具体的に説明しています。また、これから使ってみたいもの、子供が小さいときにあればよかったのに・・・と思ったものなども随時ご紹介していきます。

 簡単なお話、特にお子さまのアトピー対策のためのグッズの使い方などでお困りでしたら、ご相談下さい。お力になれるかもしれません。日記のコメント欄をご利用下さい。


病院選びとステロイド

06-07-05.jpg

昨日撮った息子の腕です。
古いケータイでの撮影なので、写りはよくありませんが、色素が斑になっているのがおわかりいただけますでしょうか。

白っぽいところが、ちょっと前まで滲出液がでる湿疹のあった場所です。
今、背中もお腹も股も足も手も首も、全身こんなマダラ模様です。
もちろん、病院で出されたステロイド剤を2週間使用してこの程度です。

最初の3日はストロング、次の4日はマイルド、最後の1週間はマイルドと軟膏の混合を使いました。朝と晩2回です。
今は保湿剤だけで、かゆみはありません。
2年以上ステロイドを使っていなかったこともあり、今回とてもよく効きました。

治り具合が丁度プールの授業に間に合いましたので、よかったと思っています。
傷があると沁みますし、プール終了後のケアも小学生だとまだまだ十分にはできませんから。

私は、信頼できるお医者様と納得がいくまで相談した上で出されたステロイドなら、使ったほうがよいと思います。

病院選びは難しいです。
私もいろいろ行きました。
アレルギーを専門に研究している大学病院、数々のアトピー著書を出版されている権威ある先生、有名お笑い芸人さんが通っている病院・・・どれもあわなくて、一時期は民間療法もやりました。
脱ステロイド、温泉、漢方もやりました。

でも結局。
近所の皮膚科の先生が、たくさん話を聞いてくれ、子供とも対話し、またご自身も研究熱心な方で、なにより自分が一番納得できたので、お世話になっています。

アトピー性皮膚炎は本人はもちろん、家族も大変です。
それは、人がよくなった方法で自分がよくなるとは限らないからです。
だから沢山の民間療法などが存在するのだと思います。

ご自分にあった方法やお医者様が一日も早くみつかることを祈っております。


保湿剤情報はこちらからご覧下さい≫
posted by ミネルヴァ at 20:41 | 日記

眠れないかゆみ

今朝娘を保育園に送っていくと、3歳くらいの男の子がすわりこんでいました。

ぽりぽりぽりぽり。

ゆっくりと体中をかきむしっていました。
耳下が切れ、関節の内側は赤い湿疹が沢山。
顔も目の下、頬骨の部分ががさがさです。
夜、かゆくてあまり眠れていないのか、とてもボンヤリしています。

5年前の息子をみているようでした。
ツメをみてみると、案の定爪が伸びてかきむしりやすい状態でした。

爪を短く切って綺麗に丸める。これだけで掻き壊しはかなり減ります。

特に小さいお子さんは爪が伸びるのも早いので、こまめに削ってあげてください。
最後に「おかあさん、痒いところあるから掻いてくれる?」と頼んで、どこでもいいのでご自分の体を掻いてもらってください。
これで爪の仕上がり具合のチェックができます。

私は腕の内側を掻いてもらっています。
もし、白い筋がしっかりついたり痛みを感じたら、再度爪を削りなおしてあげてください。
綺麗に削ったつもりでも、案外尖った部分ができやすいものです。


爪やすり情報はこちらからご覧下さい≫
posted by ミネルヴァ at 15:58 | 日記

痒みのコントロール

とりあえず、なにか集中するものを・・・。
でも、原因は授業の遅れにあるようですし・・・。

息子は勉強に好き嫌いがあり、ドリル形式のものはすすんで取り組みますが、文章題は後回しにしてしまいます。
百ます計算なども大好き。

まず、二人でじっくり話しあいました。
結局いやいややっても、痒くなるだけですから。
好きなドリルを好きな時間、好きなだけやる、ということでなんとか落ち着きました。

ためしに、久しぶりに百ますをさせながら様子をみていると、四六時中掻いていたのが少し落ち着きを取り戻したようでした。
疲れたら、大好きなアニメのDVDを30分。
勉強が厭になったら、一緒にプラモデルも作ってみました。

この3つがとてもよく効いたようです。
少しずつ、回復してきました。
相変わらず、学校の授業の進みは悪いのですが、運動会の練習などもあり、身体を動かすことで、ストレスを発散できたことも幸いしたのではないでしょうか。

皮膚のケアは以前アトピー全盛だったころに逆戻りしました。
じくじくの関節はリント布にオイルをしみこませ、ネット包帯で固定。(これが一番本人が具合がよいと言うので)
顔は綺麗な部分を、別のオイルでゆっくりマッサージ。
(顔も30%近くカサブタや汁のかわいたのでおおわれていました。)

湿疹が落ち着いてきてから、スクワランオイルをたっぷり垂らしてボディーマッサージ、これを朝晩続けてみました。

もちろん、えぐれた傷の部分はステロイドを久しぶりに使用。
3週間かかりましたが、GW前の状態に近づいてきました。

アトピーはほとんど完治したものだとおもっていたのですが、なにがきっかけで再発するかわからない、とてもよい勉強になりました。
また、本人とも話しあい、少しでも痒みが強くなったら早めに申告してくれるように約束しました。

ストレスはまだ理解ができないのか、本人はドリルとプラモをつくったら痒くなくなった、と誤解しております。(笑)
母の努力も加味してほしいです。毎日大変だったのよ。

また友達からも、先週「ずいぶんブツブツがなくなって、綺麗になったね」と言われてとても嬉しかったと報告してくれました。
友達の一言も治療の励みになったのではないかと思います。先週から急速にカサブタなども落ち、きれいになっていきましたから。

日記はひとまずここで終わります。

大人になるまでに、自分でストレスと戦う術をみにつけさせなくてはならない、と切実に思いました。
posted by ミネルヴァ at 17:33 | 日記

大人のアトピー性皮膚炎の話

少し話しは変わりますが、以前、仕事先には二人のアトピー性皮膚炎経験者がおりました。
自分でコントロールする術をすでにご存知のようで、言われないとわからない程度でしたが、症状が酷いときは大変だった、との話を聞く機会がありました。

二人とも非常に優秀で、一人は司法試験に20代で合格、もうお一人は数ヶ国語を使いこなしてのお仕事でした。


その頃私は総務的な立場にあり、応募書類など目を通すこともあったのですが、履歴書の中に、特に高学歴でTOEICなど非常に優秀な成績を収めている方の退社理由に、アトピー性皮膚炎加療のため、という方が何名かいらっしゃいました。


息子のアトピーと向き合いながら考えたことは、なんとか痒みを軽減させたい、が一番でした。
おもしろいことに、かなり体がボロボロの状態でも、好きなことに集中していると、あまり痒くないようなのです。
テレビをみたり、友達とあそんだりしている間は、掻きません。
暇だったり、おこられたり、いやなことがあったりすると、途端に痒みが増すようなのです。


仕事先で出あった、先に紹介したお二人は、集中=勉強だったのではないか、と思いあたったのです。
たまたま好きだった分野を勉強することで、集中することができ、自分で痒みをコントロールしていたのではないでしょうか。


続きはまた後日・・・。
posted by ミネルヴァ at 20:50 | 日記

痒くなった原因

続きます。

はじめは「学校で変わったこと?特にないよ」と答えていたのですが。
友達のことや、学童のことをいろいろ聞いていくうちに、とんでもない答えが返ってきました。
「オレのクラスだけ、授業が進まないんだよ、なんでだろう」
よくよく聞くと、特に国語の授業の進みが悪いようで、他のクラスは、自分が今習っているところの、次の次の次の単元をやっているとのこと。

暇だったんですね、息子は。
することがなくて、ついぽりぽりぽりぽり・・・。
しかも、この悪化しやすい木の芽時に。
やってくれたな、というのが母としての正直な感想でした。

他より遅れている、授業がすすまない、というのがかなりのストレスだったようです。
GW中にそれを思い出したら、急に痒くなったのでしょう。

たしかに、今年の先生は「はずれ」。
授業参観を見に行ってそうかんじました。
昨年までの先生は、子供が興味を持ち、楽しんで考えることができる授業を展開されておりましたが、今年は「通り一遍」。
参観が苦痛な授業、はじめてみました。

だからといって「息子のアトピーが悪化したのは先生が悪い」というわけにもまいりません。

正直、困りました。
方策の立てようもありません。
相手が学校では・・・。

まだしばらく続きます。
宜しくお願いします。
posted by ミネルヴァ at 17:48 | 日記

息子のアトピー性皮膚炎再発

GWに突入するまでは、なんともなかったのですが。
終盤に近づいて急に息子の皮膚が悪化してしまいました。
治ってしまったとばかりおもっていた、アトピー性皮膚炎の再発です。

いきなり全身に湿疹。
やはり、酷いのは関節裏、首、そして今回は顔面も。
みているとよくこすります。

原因が思い当たりません。
家で食べているのは「生活クラブ」というとことんこだわった食材を提供してくれるCO-OP商品、その他雑貨やおやつの類は、手作りか別のCO-OPのオリジナル商品で食べなれたもの。
飲料もそうです。

シーツや衣類の交換、掃除はいつもと変わりないし。
汗をかいたら、シャワーと保湿。
なにひとつかわったことはありません。

GW中の外食を疑ったのですが、ひっかかる食品の心当たりがありません。

ケアをしながら、一所懸命考えます。
なかなか思い当たりません。

夜、布団の中で、ひとつのことに気がつきました。
仕事の都合で、彼は0歳から保育園に預かっていただいておりました。
休み明けには、確かに多少ですが、皮膚が悪化してはいました。
でも、今は小学生。
あの頃のような、先生や親にべったりと依存した生活ではないし、クラスの友達関係のストレスなら、もっと4月半ばで悪化していてもおかしくない、と思いました。

でも、他に思い当たる節がないのです。
ですから、息子がリラックスしているときを狙って、聞いてみることにしました。

すみません。
こんなかんじで暫く続きます。
posted by ミネルヴァ at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

最近の更新について

ここのところ更新が滞っておりました。

毎日「これは実際に使って効果があった」「これはよさそうだからこれから使ってみよう」という商品を中心にご紹介しておりますが、GW途中から息子(重度のアトピー、生後10日で発症しました)のアトピー性皮膚炎が復活してしまい、なかなか更新ができませんでした。

6歳の誕生日前後からとても健康になり、保湿(保湿剤でご紹介しております、納豆エキスの希釈液)のみで、多少かゆみは出るものの、冬場でも湿疹はないきれいな状態だったのですが、全身に湿疹ができ、ボロボロになってしまいました。

しばらく毎日血だらけのシーツの洗濯や、塗り薬・飲み薬でのケアなどが続き、久しぶりに寝不足の毎日を味わっております。

やっと原因が特定でき、根源の対処をはじめて、湿疹もカサブタ状になってきましたので、一息つくことができました。

原因は、また改めてご紹介いたしますね。

娘は超乾燥肌、パートナーは一族でアレルギー体質なので、ケアや薬とは縁がきれることはなさそうですが、これからも頑張りたいと思います。

暫く日記調の更新になるかと思いますが、この半月の間のことなどをポツポツとお知らせしたいと思います。

また効果が期待できる商品、できそうな商品をみつけましたら、ご紹介していきます。
posted by ミネルヴァ at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。